メディカルスキンCLクリニック

姫路の医療レーザー脱毛メディカルスキンCLクリニック

医療脱毛ダイオードとは?医療レーザー脱毛は姫路のメディカルスキンCLクリニックへ

医療脱毛ダイオードとは?

 近年注目を集めている医療脱毛方法の一つがこのダイオード脱毛です。
 姫路で医療脱毛をお考えの方の中でもお聞きになった事がある方もいると思います。
 今回はこのダイオード脱毛に関して以下に記載致します。

ダイオード脱毛とは?

ダイオード脱毛とは?

 ダイオードレーザーは半導体を光源とした波長が810nmのレーザーの事を指します。
 毛のメラニンへの吸収率、深達度が他の医療レーザーに比べて優れており、特に我々アジア圏の肌色には適していると言われています。
 そんなダイオードレーザーには2種類の方法があります。

蓄熱式(SHR)

・蓄熱式(SHR)
 バルジ領域へ低出力で熱エネルギーをじわじわ蓄積させる事によって、脱毛効果を得る事が可能です。
 医療脱毛に使用されるレーザーは一般的に高出力で毛根部にダメージを与える事から、痛みなどのリスクが生じるのに対して、ダイオードではその痛みを緩和する事が可能と言えます。
 また1秒あたりに照射出来るショット数が多い(照射パルス持続時間3/1000秒)事も特徴で、短時間での施術が可能となり、患者様の負担も低減出来ます。
 尚、SHRはメラニンへの作用ではなく、バルジ領域へアプローチする方法であるため、お肌の色に依存する事もなく、色味に関係なく脱毛を遂行する事も可能な場合が多いです。
 この事から産毛などのメラニンの含有量が少ない毛にも効果的である事も知られています。

・レーザー式(HR)
 毛のメラニンを利用し、毛根周辺の毛乳頭を破壊する脱毛方法も有している場合が多いです。
 毛の状態に応じて、パルスの幅を適切に調整する事が可能であるため、さまざまな毛に対応可能です。

ダイオードレーザー脱毛のメリット

ダイオードレーザー脱毛のメリット

・蓄熱式であれば、肌質に左右されず効果は均一
 近赤外線の特性を利用しているため、バルジ領域へ直接ダメージを与える事が可能です。
 他の医療脱毛機とは異なり、メラニン色素に依存しない事も特徴の一つです。
 また、ダイオードレーザーでは他の医療レーザーでは難しいとされている、産毛にも効果をもたらす事が可能です。

蓄熱式であれば毛周期に関係なく施術が可能

・蓄熱式であれば毛周期に関係なく施術が可能
 メラニンへの反応を必要としないため、毛周期に合わせて施術する必要がありません。

・痛みが少なく、短時間の施術が可能
 他の医療脱毛機とは違い照射範囲が広い場合が多く、尚且つ毛質に合わせてパルス幅の調整、バルジ領域へ直接作用する事が可能であるため、速射が可能です。
 そのため、より短時間で施術する事が出来るため、負担も、痛みも最小限に抑える事が可能です。

・産毛への脱毛効果がある
 毛に対して選択的にパルス幅を調整出来る事から、剛毛から産毛まで様々な毛質にもアプローチする事が可能です。

ダイオードレーザー脱毛のデメリット

ダイオードレーザー脱毛のデメリット

 ・他の医療脱毛よりも美容効果は得られない場合が多い。
 ・他の医療脱毛機と同様に、基本的には脱毛完了には至りますが、脱毛過程での効果の出方に関しては他の医療脱毛レーザーの方がはっきりと分かりやすいと言えます。

その他の医療脱毛の基礎知識